So-net無料ブログ作成
ジャニーズ新聞 ブログトップ
前の10件 | -

嵐、ハワイ最大級3万人ライブ!デビュー15周年、思い出の地でド派手演出 [ジャニーズ新聞]

嵐、ハワイ最大級3万人ライブ!デビュー15周年、思い出の地でド派手演出

スポーツ報知 5月8日(木)7時2分配信

 今年デビュー15周年を迎える人気グループ「嵐」が、9月19、20日に米ハワイ・オアフ島で初のコンサートを行うことが7日、発表された。ハワイは99年にワイキキ沖で船上からデビュー会見を行った思い出の地。当日はホノルル郊外に1万5000人収容の特設会場を設営し、ハワイ最大規模となる計3万人を動員する予定で、ド派手なメモリアルイベントになりそうだ。

 「嵐」として第一歩を踏み出した思い出の地・ハワイ。トップアイドルとなった5人がこの秋再び、ホノルルの海にやってくる。この日取材に応じた櫻井翔(32)は「ともに歩んで15周年を支えてきてくれたみなさんと、ハワイで一緒に歴史を振り返りたい」。相葉雅紀(31)も「新しいスタートになると思う」と胸をときめかせた。

 99年9月15日(日本時間16日)、ワイキキ沖からクルーザーに乗って登場した「嵐」のデビューに、日本の芸能界も驚かされた。当時を思い出し「船の上で待機してたときの風や海の香りをすごく覚えています」と櫻井はしみじみ。会見直前にメンバー入りが決まった相葉も「ジャニーさんから『ユー、パスポート持ってる?』っていうところからが僕の始まりですからね」と振り返った。

 ハワイの地に立つのは02年3月にファンクラブイベントを行って以来12年ぶりとなる。もともとはデビュー3年目の01年に初の海外コンサートをハワイで行うはずだったが、その年の9月11日に起きた米同時多発テロの影響で無念の中止になってしまった苦い思い出もあり、相葉は「13年前のリベンジみたいな気持ちもありますね」と特別な思いを抱えている。

 2日間で3万人を動員するコンサートは、ハワイ州知事からの異例の招へいを受けて実現したハワイ最大規模の興行だ。ホノルル郊外の海を臨む土地に1万5000人収容の会場をゼロから造り上げるという。ホノルル行きの航空機を増便するなど、周囲からも完全サポートを受ける。

 コンサートの詳細は調整中というが、相葉も「ハワイでしかできないような演出をしてみたい」と話すようにスペシャルなステージになりそう。櫻井も「『嵐』という名で15年たった今、こんなに愛着のあるグループとして戻って来られるのがうれしい。また沖から登場するのもいいですね」。ハワイの青い空と海に見守られながら、15年分の感謝を伝えるつもりだ。

 ◆ハワイ諸島 太平洋に位置する米50番目の州。オアフ、ハワイ、マウイ、カウアイの4島が中心。1年を通して暖かい気候で、年間約800万人の観光客が訪れる。オアフ島のホノルルは、正月の芸能人の渡航先としても有名。過去の主なライブは05年のTUBE(8000人動員)、今年4月のブルーノ・マーズ(5公演計1万7000人動員)。日本から飛行機の直行便があり、行きは約6時間、帰りは約9時間。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00000336-sph-ent


亀梨和也、天才スパイ役で本格アクション!『サイタマノラッパー』の入江悠がメガホン [ジャニーズ新聞]

亀梨和也、天才スパイ役で本格アクション!『サイタマノラッパー』の入江悠がメガホン

シネマトゥデイ 1月6日(月)18時42分配信

 KAT-TUNの亀梨和也が2015年公開予定の映画『ジョーカー・ゲーム』で主演を務め、本格アクションに挑むことが明らかになった。メガホンを取るのは、『SR サイタマノラッパー』シリーズの卓越した映像構成と演出力で注目された入江悠監督。共演には深田恭子、伊勢谷友介が名を連ねる。

 原作は、第30回吉川英治文学新人賞や、2009年本屋大賞第3位に輝いた柳広司原作の同名小説。第二次世界大戦前夜、アジア某国際都市の陸軍内に設立された架空のスパイ養成機関「D機関」を舞台に、日本・ドイツ・ソ連・ドイツなど各国のスパイたちがあらゆる謀略と超絶した頭脳を駆使し、究極のスパイゲームを繰り広げる。

 「D機関」にスカウトされる主人公・嘉藤を演じる亀梨は、「もともと原作を読んでいて映像化するならぜひ参加したいと思っていたので本当にうれしかったです」と喜びを表現。撮影はシンガポールやインドネシアでも行われるいい、「海外での撮影や、海外の方とのアクションシーンが初めてなのでとても楽しみにしています」と意気込んだ。

 亀梨のほかには、米国大使の愛人である謎の女・リン役に深田、「D機関」の指揮を執る結城中佐役に伊勢谷が決定。これがメジャー作品デビューとなる入江監督は「新人監督らしく、まだ誰も観たことのない新しいスパイ映画を作ろうと燃えています」と力強く語っている。(編集部・中山雄一朗)

映画『ジョーカー・ゲーム』は2015年公開予定


亀梨&玉置ユニット“堀田家BAND”が首位 [ジャニーズ新聞]

亀梨&玉置ユニット“堀田家BAND”が首位

2013年11月12日 04時00分

 KAT-TUNの亀梨和也(27)と安全地帯の玉置浩二(55)による日本テレビ系ドラマ『東京バンドワゴン~下町大家族物語』(毎週土曜 後9:00)発の期間限定ユニット、堀田家BANDのシングル「サヨナラ☆ありがとう」(6日発売)が初週8.2万枚を売り上げ、11/18付週間ランキング首位に初登場した。

 亀梨のシングル首位は、KAT-TUN名義の21作、山下智久とのユニット・修二と彰「青春アミーゴ」(2005年11月発売)と本作を加えてデビューから23作連続。玉置にとっては、安全地帯「悲しみにさよなら」(1985年6月発売)が1985年9/9付で獲得して以来28年2ヶ月ぶりとなる。

 ドラマ関連ユニットの首位獲得は、SMAPの香取慎吾が山下と結成したThe MONSTERSの「MONSTERS」(昨年11月発売)以来で、今年になってからは初となった。

http://www.oricon.co.jp/news/music/2030728/full/


KAT-TUN・上田「僕らが前へ進まないと」 [ジャニーズ新聞]

KAT-TUN・上田「僕らが前へ進まないと」

サンケイスポーツ 11月1日(金)16時40分配信

 KAT-TUNの上田竜也(30)が主演する蜷川幸雄氏(78)演出の舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」(来年1月9日~2月12日、東京・渋谷シアターコクーン)の製作発表が1日、都内で行われた。

 上田にとって2009年の「ロミオとジュリエット」以来の舞台で、KAT-TUNのメンバーでは蜷川作品初挑戦になる。蜷川氏から「個性が強くて、自己主張が強そう。暴れ馬を乗りこなす気持ち」と揶揄(やゆ)されると、「暴れ馬の上田です。蜷川さんとご一緒できて光栄です」と苦笑した。

 厳しい指導で知られる蜷川氏だが、上田は「殴られても大丈夫です。後ろに手を組んで、受け止めます」と体当たり演技を約束した。

 9月30日付で田中聖(27)がKAT-TUNを脱退したことには、「5人で話し合った結果。僕らが前へ進まないとファンも前に進めない」と語った。

 会見には井上芳雄(34)、鈴木杏(26)、勝村政信(50)らが出席した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131101-00000550-sanspo-ent



KAT-TUN上田、蜷川氏演出に緊張

日刊スポーツ 11月1日(金)15時54分配信

 KAT-TUN上田竜也(30)主演、蜷川幸雄氏(78)演出の舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」(来年1月9日~2月1日、東京・渋谷シアターコクーン)の会見が1日、都内で行われた。

 作家古川日出男氏の書き下ろしで、伝説の熊猟師の子孫であるエリート商社マンを演じる上田は「5年ぶり舞台の演出が蜷川さんで光栄。不安と緊張があるけど、KAT-TUNのメンバーがうらやましいと思わせる舞台にしたい」と言えば、蜷川氏は「ひねくれキャラの子を探していた。個性が強く、荒馬を乗りこなす気持ちでやりたい」。グループから田中聖が抜けたが、上田は「5人で話し合い、前を見て動きだそうとなった。僕らが前に動かないと、ファンもついてこない」と話した。共演は井上芳雄、鈴木杏ら。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131101-00000047-nksports-ent




KAT-TUNで初の蜷川舞台!上田「殴られても大丈夫」

サンケイスポーツ 11月2日(土)7時0分配信

 KAT-TUNの上田竜也(30)が主演する蜷川幸雄氏(78)演出の舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」(来年1月9日~2月1日、東京・渋谷シアターコクーン)の製作発表が1日、都内で行われた。

 上田にとって2009年の「ロミオとジュリエット」以来の舞台で、KAT-TUNのメンバーでは蜷川作品初挑戦。蜷川氏から「個性が強くて自己主張が強そう。暴れ馬を乗りこなす気持ち」と揶揄されると、「暴れ馬の上田です。蜷川さんとご一緒できて光栄です」と苦笑。定評ある蜷川氏の厳しい指導についても「殴られても大丈夫。後ろに手を組んで、受け止めます」と体当たり演技を約束した。

 9月30日付でKAT-TUNを脱退した田中聖(27)については「5人で話し合った結果。僕らが前へ進まないとファンも前に進めない」と語った。会見は井上芳雄(34)、鈴木杏(26)、勝村政信(50)らが出席した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131102-00000030-sanspo-ent




上田竜也、主演舞台「初の蜷川作品は光栄で楽しみ」

スポーツ報知 11月2日(土)7時2分配信

 KAT―TUNの上田竜也(30)が1日、都内で行われた主演舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」の製作発表に出席した。

 演出の蜷川幸雄さん(78)が「自己主張が強そうな、暴れ馬のような感じ」と上田を評すと「多少の緊張は持ち合わせていますが、初の蜷川作品は光栄で楽しみ」。契約解除のためグループを離れた田中聖(27)に関しては「お互い、前を向いているので。聖は聖だし、自分たちも新たな気持ちでやっていきたい」と前向きに話していた。来年1月9日~2月1日まで東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーン、同7~12日まで大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131102-00000021-sph-ent




たっちゃん頑張って!!


KAT―TUN 中丸雄一「いいリスタートを切れると思う」 [ジャニーズ新聞]

KAT―TUN 中丸雄一「いいリスタートを切れると思う」

スポニチアネックス 10月17日(木)7時13分配信

 KAT―TUNの中丸雄一(30)が16日、都内で、主演するTBSの連続ドラマ「変身インタビュアーの憂鬱(ゆううつ)」(21日スタート、月曜深夜0・28)の試写イベントに登場した。

 客席の中に紛れ込んで第1話を試写。劇中に自身の高校時代の写真が登場する場面があり、そこで爆笑が起きたことに「皆さん、笑いすぎ」と苦笑いした。

 主題歌は、4人組として再出発するKAT―TUNの新アルバムに収録される楽曲「楔~kusabi~」。中丸は「今までのKAT―TUNの良さを消さないでほしいとお願いしてできた曲。いいリスタートを切れると思う」と自信を見せた。共演は木村文乃(25)。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000058-spnannex-ent




中丸雄一「新生KAT―TUN楽しみにして」

スポーツ報知 10月17日(木)7時3分配信

 人気グループ「KAT―TUN」の中丸雄一(30)が16日、都内で、主演するTBS系連続ドラマ「変身インタビュアーの憂鬱」(21日スタート、月曜・深夜0時28分)の試写会に出席した。

 中丸演じる不気味なトリック小説家がイケメンインタビュアーに変身し、事件を解決するサスペンスコメディー。試写会では中丸自身がインタビュアーとして共演の木村文乃(25)、三木聡監督(52)にインタビュー。「ちょっと段取りを間違えたので90点」と自己採点した。

 KAT―TUNが歌う同作の主題歌「楔―kusabi」(11月27日発売)は、9月末でジャニーズ事務所から契約を解除された田中聖(27)のグループ離脱後初の楽曲。「今までのKAT―TUNの良さは絶対になくさないよう意識した。ドラマのイメージにもリンクしていて、いいリスタートが切れましたし、新生KAT―TUNも楽しみにしてほしい」と話した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000019-sph-ent




中丸、新生KAT-TUN「いいリスタート切れた」

サンケイスポーツ 10月17日(木)7時0分配信

 KAT-TUNの中丸雄一(30)が16日、都内で21日スタートのTBS系主演ドラマ「変身インタビュアーの憂鬱」(月曜深夜0・28)の初回試写会を行った。

 9日に田中聖(27)の解雇が発表されて以来、KAT-TUNのメンバーがファンの前に姿を見せるのは初めて。ファンクラブから選ばれた100人の歓声に迎えられた中丸は、残った4人による主題歌「楔-kusabi-」を「新生KAT-TUNというか、いいリスタートが切れました」と紹介した。

 同作は、さえない小説家が“天才インタビュアー”に変身して難事件に挑むコメディータッチのミステリーで、中丸は「エネルギーを込めまくった作品です」とPR。担当編集者役の女優、木村文乃(25)らも出席した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000043-sanspo-ent




KAT‐TUN新曲から田中の声カット…急きょ再編集…中丸 脱退騒動後初ファンの前

デイリースポーツ 10月17日(木)6時0分配信

 KAT‐TUNの中丸雄一(30)が16日、都内で、21日にスタートするTBS系主演ドラマ「変身インタビュアーの憂鬱(ゆううつ)」(月曜、深夜0・28)の完成披露試写会に出席した。田中聖(27)がKAT‐TUNを脱退後、メンバーがファンの前に姿を見せるのは初めて。

 ジャニーズ事務所は今月9日、9月30日付で田中の専属契約を解除したことを発表した。

 ドラマ「変身‐」の主題歌は、田中脱退後の4人で歌った楽曲「楔(くさび)‐kusabi‐」(11月27日発売予定の同名ミニアルバムに収録予定)。レコーディングは9月上旬から行い、田中も参加したが、脱退に伴い、急きょ、編集段階で田中の声はカットされたことも明らかとなった。

 中丸は「今までのKAT‐TUNの良さを消さないようにした。新生KAT‐TUNじゃないけど、いいリスタート(再出発)が切れた」と、真剣な表情でファン100人に報告した。

 “新生KAT‐TUN”のメンバー4人は、中丸が生出演した13日放送の日本テレビ系「シューイチ」にVTRで出演した。

 田中の電撃脱退を受けて、急きょ12日に撮影したVTRで、中丸は「メンバーが1人脱退を致しました。急に混乱を与えてしまって申し訳なく思っております」と謝罪。副業などを理由に解雇となった田中に怒りも覚えたという中丸は、VTR後の生コメントでも「こうなる可能性があったと本人も分かっていたはず。何でリスクを冒してまでプライベートを優先したんだ」と、やりきれない思いを吐露していた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000000-dal-ent



4人のKAT-TUN、田中解雇でラップ封印「穴埋めるのは無理」 [ジャニーズ新聞]

4人のKAT-TUN、田中解雇でラップ封印「穴埋めるのは無理」

スポーツ報知 10月14日(月)7時3分配信

 人気グループ「KAT―TUN」が13日、日本テレビ系「シューイチ」(前7時半)にメンバー4人全員でVTR出演し、9月末でジャニーズ事務所から契約を解除された元メンバーの田中聖(27)について言及した。4人は11月27日にミニアルバム「楔―kusabi―」をリリースし、12月30、31日には京セラドーム大阪でカウントダウンコンサートを行うことを発表。新曲は、これまで田中が担当していたラップを封印する方針といい、新生KAT―TUNが再スタートを切る。

 9日に田中の電撃“解雇”が発表されてから、4人のKAT―TUNとしては初仕事。VTRは12日に収録されたもので、同番組のキャスターでもある中丸雄一(30)をはじめ、4人が新生KAT―TUNの今後の活動について報告した。

 ミニアルバム「楔―kusabi―」には、中丸主演のTBS系連続ドラマ「変身インタビュアーの憂鬱」(21日スタート、月曜・深夜0時28分)の主題歌となる、アルバムと同タイトルの曲などが収められる予定。関係者によるとすでにレコーディングは終了。これまでリリースした21枚のシングル中、13曲で田中がラップを担当し、アイドルの枠を超えたストリート風のパフォーマンスで人気だったが、主題歌ではラップを封印。ほかの収録曲も同様で、現メンバーの個性がストレートに伝わるような楽曲で再起を図ることになりそうだ。

 中丸も番組で「音楽面でラップがいなくなったからどうするのか。6人から5人になったときもそうでしたけど、その穴を埋めるのは無理。その人以上にはなれない」と、初期のメーンボーカルで10年に脱退した赤西仁(29)の経験をふまえコメント。「4人の長所を見つけながらやっていきたい」と誓った。

 事務所に無断で飲食店を経営するなど、「度重なるルール違反」のため事務所を離れることになった田中について、中丸は「いろんな感情がありました。悲しみが強いが怒りもあった」と複雑な胸中を告白。ジャニーズ事務所は、田中に素行面での警告を言い渡しており「こうなる可能性があったのは本人も分かっていたはず。何でリスクを冒してまで、プライベートを優先したんだと…」と明かした。

 新曲を引っさげ、年末は大阪でカウントダウンコンサートを行う。グループ単独での年越し興行は初めてとあって、4人は意欲をみなぎらせた。年明けにはファンミーティングも予定されている。KAT―TUNの止まっていた時間がやっと動き出す。

 亀梨和也「結果的にこういう形になってしまって残念な気持ちと、もっと何かできることがあったんじゃないかという後悔と複雑な思いがあります。でもケジメをつけて、この状況を真摯(しんし)に受け止めて進んでいこうと話し合いました」

 上田竜也「4人ならではのできることを僕たち自身がそれぞれ考えて、皆様の前に出るときには最高のものを提示したいと思います」

 田口淳之介「僕ら自身もまだ戸惑いの中にいます。そのなかで『前に進んでいこう』という気持ちで本当に前進していきたい」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131014-00000037-sph-ent




KAT―TUN 4人で年末カウントダウンから再出発!

スポニチアネックス 10月14日(月)7時1分配信

 田中聖(27)が9月末でジャニーズ事務所から専属契約を解除され、4人組で再出発するKAT―TUNが、大みそかに京セラドーム大阪でカウントダウン公演を行う。13日の日本テレビ「シューイチ」で発表した。

 京セラドーム大阪公演は12月30、31の2日連続開催。これが、4人組での初公演で、午後10時開演の大みそかはKAT―TUN初の年またぎライブとなる。これに先立ち11月27日には、新生第1弾CDのミニアルバム「楔~kusabi~」を発売する。

 関係者によると、田中の契約解除後から調整を開始。再出発の場にふさわしいとドーム公演が選ばれた。

 番組では、メンバー4人が前日12日に収録したメッセージ映像を放送。田口淳之介(27)は「戸惑いの中で前に進んでいこうという気持ち」と強調。上田竜也(30)は「年始にファンと触れ合う機会がないかと、いろいろなことを考えています」と話し、年明けにもファンミーティングを開催する意向を明らかにした。

 映像紹介後、番組レギュラーを務める中丸雄一(30)はスタジオでも心境を語った。契約解除を知った時を振り返り「事務所にどうにかならないのか聞いたけど、決定事項と言われた」と説明。田中に対しては「悲しみが強いけど、怒りもあった。こうなる可能性があったのは本人も分かっていたはず。リスクを冒してまでプライベートを優先した」と率直な思いを明かした。

 01年のグループ結成時から歩んできた仲間の離脱。「脱退したメンバーの穴を埋めるのは無理。4人の長所となるものをゆっくり見つけながら、やっていきたい」と再スタート後の飛躍を誓った。

 ≪過去にキンキ、関ジャニ≫京セラドーム大阪でのカウントダウンライブは08年のKinKi Kidsが初開催。翌09年からは関ジャニ∞が引き継いだ。昨年は大みそかも関ジャニ公演が行われたが、NHK紅白歌合戦出場と重なり、午前11時から開演した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131014-00000031-spnannex-ent




単独初!“新生”KAT-TUN、年越しライブ開催

サンケイスポーツ 10月14日(月)7時0分配信

 9月30日付でジャニーズ事務所から契約を解除された田中聖(27)が脱退し、4人組となった人気グループ、KAT-TUNが13日、日本テレビ系情報番組「シューイチ」にVTRで出演した。解雇騒動以来、初の4ショットとなったメンバーは、改めてファンや関係者に謝罪。12月30、31日に京セラドーム大阪で単独では初となる年越しライブ開催など今後の活動を報告し、心配するファンを安心させた。

 “新生”KAT-TUNが動き出す。9日の田中の解雇発表以来、初の4ショットを披露した。

 同番組のレギュラーを務める中丸雄一(30)が「いつも応援してくださる方々に混乱を与えて申し訳なく思っています」と改めて騒動を謝罪。亀梨和也(27)も「残念な気持ちと、もっと何かできたんじゃないかという後悔の複雑な思いがある」と続けた。

 前日の12日に収録されたVTRでメンバーの表情はやや硬め。気持ちの整理がついていない様子だったが、それでも4人は前を向き、これからの活動を報告した。

 まず、12月30、31日に行う京セラドームでのカウントダウン公演だ。これまではジャニーズ事務所の複数アーティストによる年越しライブイベントに参加していたが、単独では初。

 田口淳之介(27)は「皆さんとの年越しを楽しみにしているし、そこに向けて頑張る」と笑顔をみせた。過去の楽曲も披露するが、田中の歌唱パートを誰が歌うかなど細部はこれから詰めるという。

 さらに、年始のファンイベント開催も発表した。関係者によれば2006年3月のデビュー当時に行ったお披露目イベント以来のファン交流で、上田竜也(30)は「ライブとは違う形で触れ合う機会を考えている」と説明した。

 11月27日にミニアルバム「楔-kusabi-」を発売することも発表。レコーディングなどこれからになるが、心配するファンを少しでも安心させたいというメンバーの思いから、早い段階での公表となった。

 約5分間のVTRの最後に田口が「KAT-TUNという名のもとに僕らは活動していく。後押ししてもらえるように頑張る」とメッセージ。悔しい思いを胸にしまい、4人は再び歩き始めた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131014-00000033-sanspo-ent




KAT-TUN中丸、田中に対し「怒りもあった」

サンケイスポーツ 10月14日(月)7時0分配信

 9月30日付でジャニーズ事務所から契約を解除された田中聖(27)が脱退し、4人組となった人気グループ、KAT-TUNが13日、日本テレビ系情報番組「シューイチ」にVTRで出演した。中丸は番組内で田中に対し、「いろんな感情がありました。悲しい思いもあったし、怒りもあった」と素直な胸中を吐露した。度重なるルール違反の末の解雇だったことにも、「こうなる可能性も分かっていたはず。なんでリスクを冒してまでプライベートを優先したのか…本当に残念」と悔しがった。ただ、最後は「先のこと(活動)も決まったし、田中のことも4人も応援してもらえたら幸せです」とエールを送った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131014-00000035-sanspo-ent




課題山積み“新生KAT‐TUN”で新たな一歩へ!怒りも吐露

デイリースポーツ 10月14日(月)6時58分配信

 人気グループ、KAT‐TUNが13日、田中聖(27)の契約解除で4人体制になってから初めてテレビ出演し、騒動を謝罪するとともに今後の活動内容を報告した。

 4人はメンバーの中丸雄一(30)が生出演した日本テレビ系「シューイチ」(日曜 前7・30)にVTR出演。11月27日にミニアルバム「楔‐kusabi‐」を発売し、12月30、31日に京セラドーム大阪でカウントダウンコンサートを行うことを発表した。また、年明けのファンイベント開催も示唆した。

 番組中盤、4人は12日に急きょ撮影したVTRで出演した。先陣を切った中丸が「メンバーが1人脱退を致しました。急に混乱を与えてしまって申し訳なく思っております」とあらためて謝罪。副業などを理由に解雇となった田中に怒りも覚えたという中丸は、VTR後の生コメントでも「こうなる可能性があったと本人も分かっていたはず。何でリスクを冒してまでプライベートを優先したんだ」と、やりきれない思いを吐露した。

 とはいえ、落ち込んでばかりもいられない。4人では初のライブとなる大阪での年越しライブは、グループ初の単独カウントダウンコンサート。予定では、11月27日発売のミニアルバムを中心にライブを構成する。

 課題は山積みだ。これまで田中が担当していたラップを誰が埋めるのか。2010年の赤西仁(29)脱退時同様、パート再編など対応に追われる。中丸は「6人から5人なったときもそうですけど、そのメンバーの穴を埋めるのは無理。4人の長所をゆっくりみつけながらやっていきたい」と、最善の形を模索中であることも明かした。

 また、ファンイベントについて、上田竜也(30)は「ライブとは違う形で触れ合えることを楽しみにしていただけたら」。4人になった“新生KAT‐TUN”は、年越しライブをきっかけに新たな一歩を踏み出す。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131014-00000002-dal-ent





亀梨、田中の契約解除に心境告白「悔しい」 [ジャニーズ新聞]


亀梨、田中の契約解除に心境告白「悔しい」

サンケイスポーツ 10月12日(土)7時0分配信


 KAT-TUNの亀梨和也(27)が11日、日本テレビ系「スッキリ!!」(月~金曜前8・0)に生出演し、9月末でジャニーズ事務所との専属契約を解除された元メンバー、田中聖(27)について心境を告白した。

 冒頭、契約解除の経緯を振り返るVTRが流れた後、亀梨は神妙な面持ちで「すごく僕自身は悔しい思いがあります。最初に1人抜けて(2010年に赤西仁=29、が脱退)、5人でこれからやっていくんだという思いの中、やってきたので」と率直な思いを吐露。

 副業など“度重なるルール違反”が解除理由となったことには、「事務所のルールというものがあって、僕らの目から見ても、やり過ぎじゃないかという部分はあった。僕らも再三、注意はしてきた」と説明した。

 メンバーは契約解除決定の2日後に事務所から今回の報告を受けた。直後に5人で集まって各自の思いを話し合ったと明かした亀梨は「最後しっかりケジメをつけてきました」とキッパリ。今後、4人で活動することに「とにかくやるしかない。何としても『KAT-TUN』というグループは守っていきたい」と力を込めた。

 今回のテレビ出演は、12日スタートの主演ドラマ「東京バンドワゴン~下町大家族物語」(土曜後9・0)のPRのためで、同局の生番組にはしご出演し、司会者に田中のことを質問された際には、そのつど実直に答えていた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131012-00000016-sanspo-ent




亀梨、田中の素行不良「やり過ぎ」

デイリースポーツ 10月12日(土)6時58分配信



 KAT‐TUNの亀梨和也(27)が11日、9月末にジャニーズ事務所との専属契約を解除された元メンバーの田中聖(27)について、日本テレビ系生番組で“はしご謝罪”した。

 情報番組「スッキリ!!」など6番組中3番組で騒動に触れた亀梨は、田中の素行不良に「やり過ぎ。注意してきた」と告白。01年結成のグループは解散せずに4人で活動を続ける決意も表明した。

 田中の専属契約解除発表から2日。日本テレビ系6番組に生出演したメンバーの亀梨が朝から対応に追われた。

 午前7時50分ごろ、情報番組「ZIP!」に茶色のコート姿で登場した亀梨は「ご心配をおかけしてしまっていることを申し訳なく思っています」と謝罪。続けて「スッキリ!!」の冒頭に出演し、「5人でやっていくんだという思いでやってきた。悔しい」と2010年に脱退した歌手・赤西仁(29)に続くメンバーの離脱に悔しさをにじませた。

 本来ならば、12日にスタートする主演ドラマ「東京バンドワゴン」(土曜、後9・00)のPR出演だったが一連の騒動を受け、急きょ心境を語ることに。“解雇”となった田中の素行不良には、「僕たちの目からみてもやり過ぎじゃないかなと。(内容は)報道にあるようにお店(を副業として経営していること)だったり。僕らも再三、注意はしてきました」と“暴走”を止められなかったことを悔やんだ。

 9月末の契約解除から2日後に脱退を知った。すぐに田中を呼び出しメンバー全員で何時間も話し合い、「最後、しっかりけじめをつけてきました」。苦楽をともにしてきただけに、「温かく見守って」とタレント活動継続を望む田中へのエールも忘れなかった。

 メンバーは今後、4人で活動していく。「これ以上、こういうことが起、きないようにしないといけない」と“脱退打ち止め”を約束。「グループは守っていきたい」と“新生KAT‐TUN”として活動を続けることをファンに約束していた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131012-00000005-dal-ent





亀梨和也 田中聖解雇はしご謝罪「僕自身、悔しい思いはある」

スポニチアネックス 10月12日(土)7時1分配信


 KAT―TUNの亀梨和也(27)が11日、日本テレビ系の情報番組5本に相次いで生出演し、同僚だった田中聖(27)の解雇について心境を語った。

 12日スタートの主演ドラマ「東京バンドワゴン」(土曜後9・00)を宣伝するため朝から「スッキリ!!」などに連続出演。田中が9月末に解雇され、KAT―TUNを脱退したことについて「僕自身、悔しい思いはある」と無念の表情。解雇決定の2日後にジャニーズ事務所から報告を受け、田中を呼び出してメンバー5人で集まった。数時間話し合い「お互いの思いをぶつけ、最後はしっかりケジメをつけた」と気持ちの整理はついた様子だった。

 同番組司会の加藤浩次(44)は、事務所側が解雇理由とする「度重なるルール違反」について質問。亀梨は「細かく説明されていないし、僕らもはっきりとは言えない」とした。ただ、報道のあった会員制バー経営などの副業を、何度も注意してきたという。「お店など、僕らから見てもちょっと、やりすぎではないかというのはあった」と話した。解雇になるまで「できることが何かあったのかなと後悔もある」と自身を責め、「10何年、一緒にやってきたメンバー。自業自得とは思うけど、聖自身もしんどいと思う」と気遣った。

 KAT―TUNからは10年7月にも赤西仁(29)が脱退。亀梨はファンに対し「2度目で申し訳ない」と陳謝し「でも結成当時と同じ気持ちで、このグループで大きくなっていきたい。田口淳之介と上田竜也、中丸雄一と僕の4人で、前を向いてしっかり進んでいきたい」と誓った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131012-00000017-spnannex-ent





KAT―TUN・亀梨が胸中激白「田中はやりすぎなんじゃないか」

スポーツ報知 10月12日(土)7時4分配信


 人気グループ「KAT―TUN」の亀梨和也(27)が11日、日テレ系情報番組「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)などに生出演し、9月末でジャニーズ事務所から契約解除され、グループを脱退した田中聖(こうき、27)への思いを語り、残された4人で再出発する決意を示した。亀梨はこの日、主演ドラマ「東京バンドワゴン~下町大家族物語」(12日スタート、土曜・後9時)をPRするため、同局の情報番組にハシゴ出演した。

 「スッキリ!!」のスタジオに登場した亀梨は田中脱退について「最初1人(赤西仁)が抜けて、5人でやっていくんだという思いの中でやってきたので、それがかなわないってことは悔しいです」と神妙な面持ちで語った。

 司会を務める加藤浩次(44)の質問に答える形で、これまでの経緯を説明。「事務所から(田中に)注意があった時にはメンバーみんなで集まって、僕らはこういうふうに思ってるよ、という話は何回か重ねてきました。けど、もしかしたら、もっとできることが何かあったのかな、と後悔が自分の中にあります」と反省を口にした。

 無断で飲食店を経営していたなど契約解除の原因についても「僕たちから見ても、ちょっと田中はやりすぎなんじゃないかな、というのはありましたね。把握している限りでは、報道にあるようにお店(の経営)だったり、僕らも再三、注意はしてきました」と言及した。

 01年に6人組として結成されたKAT―TUN。10年の赤西に続き、田中が離脱し、今後は4人で再出発する。「田口淳之介、上田竜也、中丸雄一、そして僕、亀梨和也の4人で前を向いてしっかり進んでいきたいと思います。KAT―TUNというグループをもっともっと大きくできるようにしたい」と決意を示した。

 不本意な結果となったが、約12年間、苦楽をともにしてきた仲間。「聖が自業自得ではあるけれど、一番しんどい状況にあると思うので、どうか温かく見守ってやってほしいと思います」と気遣いも忘れなかった。

 この日、亀梨は「スッキリ!!」のほか、「ZIP!」「PON!」「情報ライブミヤネ屋」などにも出演した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131012-00000026-sph-ent



亀梨和也、“新生”KAT-TUN「もっともっと大きくしたい」 [ジャニーズ新聞]

亀梨和也、“新生”KAT-TUN「もっともっと大きくしたい」

オリコン 10月11日(金)16時10分配信


 KAT-TUNの亀梨和也(27)が、11日放送の情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ・日本テレビ系)に生出演。9月末で契約解除された田中聖について語ったほか、脱退後の“新生”KAT-TUNへの意気込みを明かした。

 亀梨は冒頭で「ご心配とご迷惑をおかけして申しわけありません」とファンに向け謝罪し、「最後は5人で色々と話し合い、それぞれケジメをつけた」と全員納得の上での脱退だったと告白。

 MCの宮根誠司から今後のグループ活動について聞かれると、「KAT-TUNというグループをこれから、もっともっと大きくできるようにしたい!」と力強く決意を語った。

 さらに、「このような思いをさせてしまって、申し訳ない気持ちでいっぱいです。この気持の分、もっともっと素敵な時間を一緒に作れるよう、これからも活動していきたいので、温かい目で見守ってください」と呼びかけた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131011-00000323-oric-ent



KAT-TUN田中聖、「ルール違反」で契約解除 ジャニーズ事務所が発表 [ジャニーズ新聞]

KAT-TUN田中聖、「ルール違反」で契約解除 ジャニーズ事務所が発表

オリコン 10月9日(水)23時19分配信


 人気グループ・KAT-TUNの田中聖(27)が、9月末をもって所属するジャニーズ事務所から専属契約を解除されていたことが9日、わかった。同事務所がFAXで発表した。

 理由について、同事務所は「度重なる事務所のルール違反があった」と説明。また、グループも脱退しており、今後KAT-TUNは4人で活動を続けるとしている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000343-oric-ent



KAT―TUN 田中聖 ジャニーズが専属契約解除「度重なるルール違反」

スポニチアネックス 10月9日(水)20時42分配信


 ジャニーズ事務所は9日、KAT―TUNの田中聖(27)との専属契約を9月30日付で解除したと発表した。マスコミ各社にファクスを送付。理由について「度重なるルール違反行為があった」と説明した。

 田中は「メンバーには、今まで沢山迷惑をかけてきたのにずっと仲間でいてくれてありがとうという感謝と、申し訳ないという謝罪の気持ちを伝えました」とコメント。退社後もタレント活動を続けていく意向で「詳細が決まりましたら、改めてご報告します」としている。

 2010年の赤西仁(29)に続き、2人目の脱退者を出した同グループは4人で活動を続ける。

 一部週刊誌に掲載された上半身裸で挑発的なポーズを取る田中の写真とともに、局部の写真が掲載されたことや田中が事務所に無断で飲食店経営にかかわっていたことなどが、解雇の理由にあるとみられる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000105-spnannex-ent




KAT‐TUN田中聖 前代未聞ジャニーズ初の契約解除!禁止の“副業”等が理由

デイリースポーツ 10月9日(水)20時44分配信


 ジャニーズ事務所は9日、9月30日付けでKAT‐TUNの田中聖(27)との専属契約を解除したとFAXで発表した。

 “解雇理由”は副業禁止の所属タレントによる飲食店経営、事務所を介さないライブ開催とクラブDJ出演、タトゥー、女性問題とみられる。メジャーデビューした現役タレントの契約解除は初めて。KAT‐TUNは今後、4人で活動を続ける。田中はタレント活動の続行を希望している。

 ジャニーズ事務所入所から16年目を迎えた田中聖が度重なるルール違反により事実上の“解雇”を通告された。現役所属タレント初という前代未聞の解除に田中は「事務所から発表があったとおりです。メンバーには申し訳ないという謝罪の気持ちを伝えました」とコメントした。

 事務所によると、田中は所属タレントとして度重なるルール違反を犯し、再三の厳重注意にもかかわらず態度を改めなかったことから、先月30日付で契約を解除された。犯罪行為はないという。

 主な契約解除理由は5つ。ジャニーズ事務所は副業を禁じているが、田中は飲食店を経営。ほかに、独自のライブ活動、DJ出演、女性問題、タトゥーが違反に当たるとみられる。

 06年に6人でデビューしたKAT‐TUNは10年に脱退した歌手・赤西仁(29)に続くメンバーの離脱に見舞われ、これで4人となった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000058-dal-ent




KAT-TUN田中聖が契約解除

日刊スポーツ 10月9日(水)20時45分配信


 5人組男性アイドルグループKAT-TUNの田中聖(27)が、所属するジャニーズ事務所から9月末に契約を解除されていたことが9日、分かった。同事務所が発表した。

 契約解除の理由について、ジャニーズ事務所は「度重なるルール違反行為があった」としている。都内で飲食店を経営したり、独自の音楽活動を行うなどの副業や、女性問題などが問題視されたとみられる。KAT-TUNは今後、4人で活動を続ける。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000083-nksports-ent




田中聖契約解除 KAT―TUNメンバー「話し合いを重ねて参りましたが」

スポニチアネックス 10月9日(水)20時50分配信


 ジャニーズ事務所は9日、KAT―TUNの田中聖(27)との専属契約を9月30日付で解除したと発表した。マスコミ各社にファクスを送付。メンバーからのコメントは以下の通り。

 ファンの皆様、ならびに関係者の皆様、この度は、お騒がせして誠に申し訳ございません。

 グループとしての意識を高めるために、何度も話し合いを重ねて参りましたが、10年以上も共にしたグループの一員が、今回このような事になってしまいとても残念です。

 今後、KAT-TUNは4名で活動していきますので、ファンの皆様にはこれまで通りのご声援をいただけますよう、宜しくお願いします。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000107-spnannex-ent




KAT‐TUN田中聖コメント全文「今後もタレント活動は続けていく予定」

デイリースポーツ 10月9日(水)20時52分配信


 ジャニーズ事務所は9月30日にKAT‐TUNの田中聖(27)との契約を解除したと9日、FAXで発表した。“解雇理由”は、副業禁止の所属タレントによる飲食店経営、事務所を介さないライブ開催とクラブDJ出演、タトゥー、女性問題とみられる。田中はジャニーズ事務所を通じてコメントを発表。全文は以下の通り。

 「事務所から発表があったとおりです。メンバーには、今までたくさん迷惑をかけてきたのにずっと仲間でいてくれてありがとうという感謝と、申し訳ないいう謝罪の気持ちを伝えました。今後もタレント活動は続けていく予定ですが、詳細が決まりましたら改めてご報告します」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000059-dal-ent




KAT-TUNの田中聖さん「ルール違反」で契約解除 ジャニーズ事務所

産経新聞 10月9日(水)21時20分配信


 ジャニーズ事務所は9日、人気グループ、KAT-TUNの田中聖さん(27)との専属契約を9月30日で解除したと発表した。同事務所は「度重なる事務所のルール違反行為があったため」と説明している。KAT-TUNは今後、残りのメンバー4人で活動。田中さんは今後もタレント活動を続けることを希望しているという。

 田中さんは「メンバーには、今まで沢山迷惑をかけてきたのにずっと仲間でいてくれてありがとうという感謝と、申し訳ないという謝罪の気持ちを伝えました。今後もタレント活動は続けていく予定ですが、詳細が決まりましたら改めてご報告します」とのコメントを発表した。

 また、KAT-TUNも「グループとしての意識を高めるために、何度も話し合いを重ねて参りましたが、10年以上も共にしたグループの一員が、今回このような事になってしまいとても残念です。今後、KAT-TUNは4名で活動していきますので、ファンの皆様にはこれまで通りのご声援をいただけますよう、宜しくお願いします」と、ファンにメッセージを送った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000566-san-ent




KAT―TUN田中聖さん契約解除 「度重なる違反」

朝日新聞デジタル 10月9日(水)23時1分配信


 ジャニーズ事務所は9日、人気アイドルグループ「KAT―TUN(カトゥーン)」メンバーの田中聖(こうき)さん(27)について、「度重なるルール違反行為があった」として、専属契約を9月30日付で解除したことを発表した。同グループは今後4人で活動を続けるという。ジャニーズ事務所の広報担当者は「具体的な理由は申し上げられない」としている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000042-asahi-ent




KAT-TUN田中、メンバーに「感謝と謝罪」 タレント活動は継続の意向

オリコン 10月9日(水)23時26分配信


 ジャニーズ事務所は9日、先月30日にKAT-TUNの田中聖(27)との専属契約を解除したことをFAXで発表した。理由については「度重なる事務所のルール違反があった」としている。

 田中は「事務所から発表があったとおりです。メンバーには、今まで沢山迷惑をかけてきたのにずっと仲間でいてくれてありがとうという感謝と、申し訳ないという謝罪の気持ちを伝えました。今後もタレント活動は続けていく予定ですが、詳細が決まりましたら改めてご報告します」とコメントした。

 また、4人のメンバーは「ファンの皆様、ならびに関係者の皆様、この度は、お騒がせして誠に申し訳ございません」と謝罪し、「グループとしての意識を高めるために、何度も話し合いを重ねて参りましたが、10年以上も共にしたグループの一員が、今回このような事になってしまいとても残念です。今後、KAT-TUNは4名で活動していきますので、ファンの皆様にはこれまで通りのご声援をいただけますよう、宜しくお願いします」と理解を求めた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000344-oric-ent




KAT-TUN田中が脱退… メンバー4人は「このような事になってとても残念」

オリコン 10月9日(水)23時35分配信


 ジャニーズ事務所は9日、先月30日にKAT-TUNの田中聖(27)との専属契約を解除したことをFAXで発表した。理由については「度重なる事務所のルール違反があった」と説明している。

 メンバーは「ファンの皆様、ならびに関係者の皆様、この度は、お騒がせして誠に申し訳ございません」と謝罪し、「グループとしての意識を高めるために、何度も話し合いを重ねて参りましたが、10年以上も共にしたグループの一員が、今回このような事になってしまいとても残念です」とコメント。

 さらに、「今後、KAT-TUNは4名で活動していきますので、ファンの皆様にはこれまで通りのご声援をいただけますよう、宜しくお願いします」と呼びかけている。

 一方の田中は「事務所から発表があったとおりです。メンバーには、今までたくさん迷惑をかけてきたのにずっと仲間でいてくれてありがとうという感謝と、申し訳ないという謝罪の気持ちを伝えました。今後もタレント活動は続けていく予定ですが、詳細が決まりましたら改めてご報告します」としている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000346-oric-ent




KAT-TUNラジオは今後2人で放送

日刊スポーツ 10月10日(木)1時39分配信


 文化放送は9日、田中聖(27)がKAT-TUNのメンバーとして中丸雄一、田口淳之介と出演していた文化放送「KAT-TUNのがつーん」(月曜深夜0時)について、今後は田中を除く2人で放送することになるとコメントした。

 最近は田中の出演がなく、当初から今後の出演予定はなかったという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131010-00000002-nksports-ent




亀梨和也 田中解雇に「自分なりにケジメつけてきたつもり」

スポニチアネックス 10月10日(木)5時1分配信


 KAT―TUNの田中聖(27)が事務所から専属契約を解除されたことを受け、他のメンバーがファンクラブKAT-TUN会員向けにメッセージを発表した。

 亀梨和也(27)は「メンバーの一員としては、残念とともに、悔しい気持ちでいっぱいです。最後にメンバー5人で話もしました。自分なりにケジメをつけてきたつもりです」と複雑な心境を吐露。「今は、この状況を受け止め前を向くこと、自分に出来る事を模索しながらベストな物を皆様と共有出来ればと思っています」と4人になっても全力を出し切ることを誓った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000109-spnannex-ent




KAT―TUN田中聖 解雇の背景に「写真」と「副業」

スポニチアネックス 10月10日(木)5時1分配信


 ジャニーズ事務所は9日、KAT―TUNの田中聖(27)を解雇したと発表した。

 ジャニーズ事務所が法律違反以外の行為で所属タレントを解雇するのは初めて。スポニチの取材では、異例の厳しい処分になった大きな理由の一つが、一部週刊誌に掲載された写真だ。

 上半身裸で挑発的なポーズを取る田中の写真とともに、タトゥーの入った局部の写真が掲載され、それは田中がファンに送ったものと紹介されている。

 また、田中は会員制バーの経営やクラブイベントの主催などに、事務所に無断で携わっていると報じられたこともあった。副業を禁止しているジャニーズ事務所はこうしたことも問題視し、今回の処分を下したとみられる。撮影を終えている出演映画「サンブンノイチ」は予定通り来春公開されるという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000110-spnannex-ent




中丸雄一 騒動に心痛める「驚きと悲しみ与えて心苦しい」

スポニチアネックス 10月10日(木)5時2分配信


 KAT―TUNの田中聖(27)が事務所から専属契約を解除されたことを受け、他のメンバーがファンクラブKAT-TUN会員向けにメッセージを発表した。

 中丸雄一(30)は「皆様に驚きと悲しみを与えてしまうことを大変心苦しく思います」とファンに気遣いつつ「私自身も驚きと混乱、悲しみがありますが、この結果を受け入れて今後は四人で活動を続けることを覚悟しました」と新体制で臨む決意を示した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000112-spnannex-ent




田口淳之介 ショックあらわ「驚きと動揺隠しきれない」

スポニチアネックス 10月10日(木)5時2分配信


 KAT―TUNの田中聖(27)が事務所から専属契約を解除されたことを受け、他のメンバーがファンクラブKAT-TUN会員向けにメッセージを発表した。

 田口淳之介(27)は「ラジオや楽曲などでも多くの時間を共にしてきたので、自分自身驚きと動揺は隠しきれない所です」とショックをあらわに。それでも「KAT-TUNでいる以上、今までも、そしてこれからも皆さんに愛して頂けるように活動していく事が最善だとメンバー一同考えております」と前を向いた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000111-spnannex-ent




上田竜也は気遣う「四人と田中聖に暖かい声援を」

スポニチアネックス 10月10日(木)5時2分配信


 KAT―TUNの田中聖(27)が事務所から専属契約を解除されたことを受け、他のメンバーがファンクラブKAT-TUN会員向けにメッセージを発表した。

 上田竜也(30)は「最後に五人で話し合いをした結果 それぞれ気持ちにけじめをつけ前を向いて、自分達にできることをしっかりと考え四人で活動していこうと思います」と話し合いをした上で4人での活動を選んだと明かした。

 また「これからも四人と田中聖に暖かい声援をいただけたら嬉しく思います」と、残された4人のメンバーだけでなく、脱退することになった田中への声援も呼びかけた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000113-spnannex-ent




KAT‐TUN田中“解雇” 副業、営業、タトゥー、女性問題など4つの大罪

デイリースポーツ 10月10日(木)6時58分配信


 ジャニーズ事務所は9月30日付でKAT‐TUNの田中聖(27)との専属契約を解除したと9日、発表した。副業が発覚したのをはじめ、事務所を通さない芸能と販売の活動、女性問題など複数のルール違反行動による“素行不良”が理由とみられる。ジャニーズ事務所がメジャーデビューした現役タレントの契約解除を行うのは初めて。田中はタレント活動を継続する意思を発表しており、今後はジャニーズ以外で活動する道を探る。KAT‐TUNは4人で活動を続ける。

 ジャニーズ入所16年目の田中が事実上の“解雇”を通告された。

 ジャニーズ事務所によると、田中は所属タレントとして「度重なるルール違反」を犯し、再三の注意にもかかわらず改まらなかったことから、先月30日付で契約を解除したという。法律に違反する行為などはないという。

 デイリースポーツの取材では、田中は、事務所で禁止されている副業を行ったほか、事務所を通さずイベントなどに出演し、歌やDJ活動などを行った。また、タトゥーを雑誌で披露したり、女性問題が多く報じられたことも“解雇理由”となったとみられる。ジャニーズ事務所はルールに厳しい事務所として知られる。これまでも無期限謹慎となったタレントはいるが、メジャーデビューした現役メンバーの契約解除は初だ。現在、田中はレギュラー番組を持っておらず、ツアーの予定もないことから、仕事への影響はほぼない。田中は「今後もタレント活動を続けていく予定です」としており、移籍も視野に入れているようだ。

 06年に6人でデビューしたKAT‐TUNは2010年に赤西仁が脱退しソロになっており、これで4人となった。田中は「メンバーには、今までたくさん迷惑をかけてきたのにずっと仲間でいてくれてありがとうという感謝と、申し訳ないという謝罪の気持ちを伝えた」という。

 KAT‐TUNに残った4人によれば、これまでも「グループとしての意識を高めるために、何度も話し合いを重ねてきた」といい、「10年以上もともにしたグループの一員がこのような事になってしまいとても残念」とファンに謝罪した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131010-00000001-dal-ent




KAT―TUN田中 ジャニーズ事務所解雇「度重なるルール違反」

スポニチアネックス 10月10日(木)7時2分配信


 ジャニーズ事務所は9日、KAT―TUNの田中聖(27)を解雇したと発表した。

 専属契約を9月30日付で解除し、その理由を「度重なるルール違反行為があった」と説明。発売中の週刊誌に田中のものとされる局部の写真が掲載されたことなどを問題視したとみられる。田中は退社後も芸能活動を続ける意向。2010年の赤西仁(29)に続き、2人目の脱退者を出した同グループは4人で活動を続ける。

 田中の解雇は9日午後8時半ごろ、マスコミ各社へのファクスで発表された。理由は「度重なるルール違反行為」。その詳細は明らかにしていないが、事務所関係者は「法律に触れるような行為ではない」としている。

 田中はこの日、ファクスで「メンバーには今までたくさん迷惑を掛けてきたのに、ずっと仲間でいてくれてありがとうという感謝と、申し訳ないという謝罪の気持ちを伝えました」と説明。退社後もタレント活動を続けていく意向で「詳細が決まりましたら、あらためてご報告します」としている。

 KAT―TUNに残る4人のメンバーも文書で「この度はお騒がせして申し訳ございません」と陳謝。赤西に続く脱退者に「グループとしての意識を高めるため、何度も話し合いを重ねてまいりましたが、10年以上もともにしたグループの一員が今回このようなことになってしまい、とても残念です」と苦しい心境を明かしている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131010-00000052-spnannex-ent




KAT―TUN・田中聖、ジャニーズ専属契約解除!会員制バー無断経営など素行不良

スポーツ報知 10月10日(木)7時2分配信


 人気グループ「KAT―TUN」の田中聖(27)が、素行不良のため9月末をもって所属するジャニーズ事務所から専属契約を解除され、同グループを脱退していたことが9日、明らかになった。同事務所が報道各社にファクスで発表した。事務所に無断で飲食店を経営するなどの行為が問題視されたためとみられる。田中の脱退後もKAT―TUNは4人で活動していく。退社後も田中はタレント活動を続行する予定だ。

 人気アイドルが突如として表舞台から姿を消すことになった。ジャニーズ事務所はこの日夜、ファクスで「度重なる事務所のルール違反行為があったことから、この度、当事務所は9月30日付にてKAT―TUNの田中聖との専属契約を解除いたしました」と報告。「田中の脱退後も、KAT―TUNは他のメンバー4名で活動していきます」と説明した。

 契約解除の理由について、事務所関係者は「犯罪や法律違反ではない。具体的な内容についてはお答えできない」としたが、今年1月に所属事務所に無断で都内に会員制のバーを経営していたことや、下半身を露出した自身のプライベート写真が一部で掲載されたこと、タトゥーを体に入れていたことなど素行面が問題視されたようだ。

 ジャニーズ事務所所属のタレントが退社ではなく契約解除の処分に科せられたのは07年10月に元「光GENJI」の赤坂晃さん(40)が覚醒剤取締法違反(所持)で逮捕されたとき以来。このときは、事の重大さや社会的な影響を重く受け止め「解雇」という表現を使用した。今回の田中の行為には事件性こそないものの、事実上の解雇にあたるきわめて重い処分となった。

 田中は「メンバーには、今まで沢山迷惑をかけてきたのにずっと仲間でいてくれてありがとうという感謝と、申し訳ないという謝罪の気持ちを伝えました」とコメント。「今後もタレント活動は続けていく予定ですが、詳細が決まりましたら改めてご報告します」としている。来年には出演映画「サンブンノイチ」(品川ヒロシ監督)が公開予定。

 KAT―TUNは6人組として06年3月にメジャーデビュー。10年に赤西仁(29)がソロ転向のため脱退し、今回2人目の脱退となった。メンバーもファクスを通じ「グループとしての意識を高めるために、何度も話し合いを重ねて参りましたが、10年以上も共にしたグループの一員が、今回このような事になってしまいとても残念です」と胸中をつづった。

 ◆田中 聖(たなか・こうき)1985年11月5日、千葉県出身。27歳。98年にジャニーズ事務所に入り、01年に「KAT―TUN」結成。06年にシングル「Real Face」でメジャーデビュー。07年、TBS系「特急田中3号」で連続ドラマ初主演。主なドラマは日テレ系「離婚シンドローム」(10年)、TBS系「大奥~誕生『有功・家光篇』」(12年)など。俳優の田中彪(ひょうが)、ジャニーズJr.の田中樹(じゅり)は弟。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000251-sph-ent




赤西に続く脱退でKAT―TUN、さらなる苦境へ…田中聖が契約解除

スポーツ報知 10月10日(木)7時3分配信


 人気グループ「KAT―TUN」の田中聖(27)が、素行不良のため9月末をもって所属するジャニーズ事務所から専属契約を解除され、同グループを脱退していたことが9日、明らかになった。同事務所が報道各社にファクスで発表した。事務所に無断で飲食店を経営するなどの行為が問題視されたためとみられる。田中の脱退後もKAT―TUNは4人で活動していく。退社後も田中はタレント活動を続行する予定だ。

 06年のデビューシングル「Real Face」はミリオンヒットを記録。史上初の7日間連続東京ドームコンサートを成功させるなど、トップアイドルとして芸能史を塗り替えてきたKAT―TUN。赤西の脱退を乗り越え5人で再出発をはかったが、田中の脱退でまたも苦境に立たされている。

 6人の名前の頭文字を取ったKAT―TUNは「A」(赤西)と「T」(田中)が抜け、残されたのは亀梨和也(27)、田口淳之介(27)、上田竜也(30)、中丸雄一(30)の4人。ドラマや映画などソロでの活動は充実しているものの、グループとしては今年5月にシングル「FACE to Face」を出して以降目立つ活動はなかった。田中は田口、中丸と文化放送でラジオ番組「KAT―TUNのがつーん」(月曜・深夜0時ごろ)のパーソナリティーを務めていたが、ここ2か月ほどは田口と中丸の2人だけで放送されていた。

 5人の姿は、自動車メーカー「スズキ」の軽自動車「ソリオ」のCMが最後になりそう。この先の契約について、ジャニーズ事務所は「スポンサーの方にご判断いただくこと。こちらからはお答えできません」としている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000255-sph-ent





佐藤アツヒロ、久々ローラースケート!タッキー&翼主演舞台で [ジャニーズ新聞]

佐藤アツヒロ、久々ローラースケート!タッキー&翼主演舞台で

デイリースポーツ 7月10日(火)7時25分配信

 元光GENJIで俳優の佐藤アツヒロ(38)が9日、東京・青山劇場で開幕した、タッキー&翼の今井翼(30)主演ミュージカル「PLAYZONE’12 SONG&DANC,N。 PART2。」に出演し、ローラースケートを披露した。

 07年以来、5年ぶりの“プレゾン”出演となった佐藤は第1幕の終盤、オリジナル楽曲「終わらない時を」「Mi Amor‐あなたという光‐」とともにステージところ狭しと滑走。往年と変わらぬキレのあるスケーティングを見せつけた佐藤は「完全に久しぶり。練習はもちろんしました。継続は力なり」と汗を輝かせた。

 今年、座長3年目を迎えた今井は「マッチ(近藤真彦)さんから『初年度の気持ちを忘れずに頑張れ』とエールを頂いた」と明かし、「このステージでマッチさんと歌えることを願って頑張りたい」と“共演”を熱望していた。

前の10件 | - ジャニーズ新聞 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。