So-net無料ブログ作成
検索選択

亀梨&玉置ユニット“堀田家BAND”が首位 [ジャニーズ新聞]

亀梨&玉置ユニット“堀田家BAND”が首位

2013年11月12日 04時00分

 KAT-TUNの亀梨和也(27)と安全地帯の玉置浩二(55)による日本テレビ系ドラマ東京バンドワゴン~下町大家族物語』(毎週土曜 後9:00)発の期間限定ユニット、堀田家BANDのシングル「サヨナラ☆ありがとう」(6日発売)が初週8.2万枚を売り上げ、11/18付週間ランキング首位に初登場した。

 亀梨のシングル首位は、KAT-TUN名義の21作、山下智久とのユニット・修二と彰「青春アミーゴ」(2005年11月発売)と本作を加えてデビューから23作連続。玉置にとっては、安全地帯「悲しみにさよなら」(1985年6月発売)が1985年9/9付で獲得して以来28年2ヶ月ぶりとなる。

 ドラマ関連ユニットの首位獲得は、SMAPの香取慎吾が山下と結成したThe MONSTERSの「MONSTERS」(昨年11月発売)以来で、今年になってからは初となった。

http://www.oricon.co.jp/news/music/2030728/full/


<坂口憲二>「医龍」3年ぶり復活で「最高のオペ見せる!」 [影視]

<坂口憲二>「医龍」3年ぶり復活で「最高のオペ見せる!」

まんたんウェブ 11月5日(火)22時0分配信

 坂口憲二さんが主演する医療ドラマ「医龍」シリーズの最新作「医龍4 ~Team Medical Dragon~」が、2014年1月から放送されることが明らかになった。3年ぶりの新シリーズに坂口さんは「パート3で一区切りついたと思っていたのでびっくり。またチームドラゴンのみんなと会えるなんて」と驚きを語っており、「『医龍』と言えばやっぱりオペシーン。またあの長いオペシーンを撮ると思うとゾッとしますが、今回は初心に帰って最強のチームを作り、3年間待っていてくれた皆さんのためにも最高のオペをお見せできれば」と意気込んでいる。

 ドラマは、最先端の医療が抱える問題を捉え、その現場で戦う医師たちの姿を描く人気シリーズ。2010年10月期に放送された前作から約3年、医療の世界はさらに変化し、大企業や商社が海外の病院を買収するなど、海外の富裕層を対象とした医療を展開する一方、国内では地方の中規模病院が困窮するなど、生活を支える医療の現場が崩壊し始めている……。今作では「世界か日本か?」をテーマに、自動車や機械に次ぐ輸出品として世界進出を狙い、ゆがみ始めた医療の現場で、理想の病院を作るために再結集した朝田龍太郎(坂口さん)ら「チームドラゴン」の活躍をオリジナルストーリーで描いていく。

 医療技術の開発にまい進している心臓血管外科医・加藤晶役の稲森いずみさん、朝田との出会いから経験を積んだ心臓血管外科医・伊集院登役の小池徹平さん、麻酔科医として天才的な腕前をもつ荒瀬門次役の阿部サダヲさん、再生医療研究に取り組む循環器内科医・藤吉圭介役の佐々木蔵之介さん、救命救急医・鬼頭笙子役の夏木マリさんらも出演。また、チームドラゴンの宿敵で現在は政府の医療国際進出プロジェクトの中心人物となった野口賢雄役・岸部一徳さんら、「医龍」ファンにおなじみの顔ぶれがそろう。さらに、新キャストとして、朝田の唯一の恩師である医師・桜井修三役で平幹二朗さんが出演することも決定した。
.
 ドラマは14年1月から毎週木曜午後10時放送予定。(毎日新聞デジタル


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131105-00000019-mantan-ent


KAT-TUN・上田「僕らが前へ進まないと」 [ジャニーズ新聞]

KAT-TUN・上田「僕らが前へ進まないと」

サンケイスポーツ 11月1日(金)16時40分配信

 KAT-TUNの上田竜也(30)が主演する蜷川幸雄氏(78)演出の舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」(来年1月9日~2月12日、東京渋谷シアターコクーン)の製作発表が1日、都内で行われた。

 上田にとって2009年の「ロミオとジュリエット」以来の舞台で、KAT-TUNのメンバーでは蜷川作品初挑戦になる。蜷川氏から「個性が強くて、自己主張が強そう。暴れ馬を乗りこなす気持ち」と揶揄(やゆ)されると、「暴れ馬の上田です。蜷川さんとご一緒できて光栄です」と苦笑した。

 厳しい指導で知られる蜷川氏だが、上田は「殴られても大丈夫です。後ろに手を組んで、受け止めます」と体当たり演技を約束した。

 9月30日付で田中聖(27)がKAT-TUNを脱退したことには、「5人で話し合った結果。僕らが前へ進まないとファンも前に進めない」と語った。

 会見には井上芳雄(34)、鈴木杏(26)、勝村政信(50)らが出席した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131101-00000550-sanspo-ent



KAT-TUN上田、蜷川氏演出に緊張

日刊スポーツ 11月1日(金)15時54分配信

 KAT-TUN上田竜也(30)主演、蜷川幸雄氏(78)演出の舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」(来年1月9日~2月1日、東京・渋谷シアターコクーン)の会見が1日、都内で行われた。

 作家古川日出男氏の書き下ろしで、伝説の熊猟師の子孫であるエリート商社マンを演じる上田は「5年ぶり舞台の演出が蜷川さんで光栄。不安と緊張があるけど、KAT-TUNのメンバーがうらやましいと思わせる舞台にしたい」と言えば、蜷川氏は「ひねくれキャラの子を探していた。個性が強く、荒馬を乗りこなす気持ちでやりたい」。グループから田中聖が抜けたが、上田は「5人で話し合い、前を見て動きだそうとなった。僕らが前に動かないと、ファンもついてこない」と話した。共演は井上芳雄、鈴木杏ら。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131101-00000047-nksports-ent




KAT-TUNで初の蜷川舞台!上田「殴られても大丈夫」

サンケイスポーツ 11月2日(土)7時0分配信

 KAT-TUNの上田竜也(30)が主演する蜷川幸雄氏(78)演出の舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」(来年1月9日~2月1日、東京・渋谷シアターコクーン)の製作発表が1日、都内で行われた。

 上田にとって2009年の「ロミオとジュリエット」以来の舞台で、KAT-TUNのメンバーでは蜷川作品初挑戦。蜷川氏から「個性が強くて自己主張が強そう。暴れ馬を乗りこなす気持ち」と揶揄されると、「暴れ馬の上田です。蜷川さんとご一緒できて光栄です」と苦笑。定評ある蜷川氏の厳しい指導についても「殴られても大丈夫。後ろに手を組んで、受け止めます」と体当たり演技を約束した。

 9月30日付でKAT-TUNを脱退した田中聖(27)については「5人で話し合った結果。僕らが前へ進まないとファンも前に進めない」と語った。会見は井上芳雄(34)、鈴木杏(26)、勝村政信(50)らが出席した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131102-00000030-sanspo-ent




上田竜也、主演舞台「初の蜷川作品は光栄で楽しみ」

スポーツ報知 11月2日(土)7時2分配信

 KAT―TUNの上田竜也(30)が1日、都内で行われた主演舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」の製作発表に出席した。

 演出の蜷川幸雄さん(78)が「自己主張が強そうな、暴れ馬のような感じ」と上田を評すと「多少の緊張は持ち合わせていますが、初の蜷川作品は光栄で楽しみ」。契約解除のためグループを離れた田中聖(27)に関しては「お互い、前を向いているので。聖は聖だし、自分たちも新たな気持ちでやっていきたい」と前向きに話していた。来年1月9日~2月1日まで東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーン、同7~12日まで大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131102-00000021-sph-ent




たっちゃん頑張って!!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。