So-net無料ブログ作成
検索選択

高校生の志望大学、関東の1番人気は明治大学 [其他]

高校生の志望大学関東の1番人気は明治大学
オリコン 7月24日(日)16時44分配信

 高校3年生に志願したい大学を聞いたところ、関東エリアでは明治大学、東海エリアでは名古屋大学、関西エリアでは関西大学が総合1位になったことが、リクルートの『進学ブランド力調査 2011』でわかった。明大、名大は3連続、関大は4年連続で首位を維持した。

 イメージランキングでは「校風や雰囲気が良い大学」の関東・東海エリア1位に早稲田大学が、関西エリア1位に同志社大学が選ばれたほか、「おしゃれな大学」の関東・東海エリア1位に青山大学が、関西エリア1位に関西学院大学が選ばれている。

 同調査は関東・東海・関西エリアの高校に通っている2012年3月卒業予定の3年生1万450名の回答をもとに集計している。


仲里依紗が初DJ! 長澤まさみ、麻生久美子も飛び入り参加 [影視]

仲里依紗が初DJ! 長澤まさみ、麻生久美子も飛び入り参加
オリコン 7月24日(日)13時22分配信

 女優の仲里依紗が23日、東京恵比寿リキッドルームで行われた音楽イベント『モテキナイト3』にシークレットゲストとして登場し、公の場でDJプレイを初披露した。その初々しい姿に観客の視線は集中。時折、腕を上げて観客をあおりながら約20分間、ノンストップ・ミックスで走り抜けた。危なげなく出番を終えた仲は「ありがとうございました」と頭をペコリとし、お忍びで来場していた女優の長澤まさみ、麻生久美子をDJブースに呼び寄せた。映画『モテキ』(大根仁監督、9月23日公開)のヒロイン3人“そろい踏み”に、会場は驚きと喜びの大歓声に包まれた。

 映画は、昨夏、テレビ東京系列で放送された久保ミツロウ原作の深夜ドラマの続編。人生において異性に突然モテる時期、“モテキ”が訪れた恋愛下手な青年が、女性たちとの恋愛を通して、成長したり、しなかったりする様を描いたラブコメディ。映画用に原作者がオリジナルストーリーを書き下ろし、長澤、麻生、仲、そして真木よう子がヒロイン役で出演する。

 3回目の開催となった『モテキナイト』には、映画のメインテーマを手がける新人バンド・女王蜂をはじめ、本人役で出演する在日ファンクも出演。イベントも後半に入ったところで、DJブースにスポットライトが当たり、両サイドをおだんごにしたヘアスタイルの仲の姿が照らし出されると、「かわいい!」などと大反響。仲は、レディー・ガガの「ポーカーフェイス」や60年代の原曲、80年代のカバー曲とも大ヒットした「ヴィーナス」など、洋楽の選曲で飛ばして、“満員御礼”状態の観客を魅了した。

 この日のスペシャルゲストは、俳優・森山未來扮する同作の主人公・藤本幸世。トリ前に登場するなり「盛り上がっていますか~」と声が裏返ってしまったり、最初の音楽を出し損ねたり、「DJはそんなにやったことがありません。曲が止まっても気にしないで、踊ってください」と、いま一つ冴えない(?)幸世になりきっていた。あまりのまどろっこしさに、幸世の親友・島田役の新井浩文が飛び入り参加し、「だからモテないんだよ!」と一喝。「こんなに緊張している森山未來、見たことない」と笑っていた。

 出演者たちによるサプライズな演出に、20代の女性客は「ドラマの世界観が、現実になったみたいで楽しかった」と満足げ。“音楽”で“映画”の世界観を楽しむ『モテキナイト4』の開催も10月2日(土)に東京・SHIBUYA O-EASTに決定し、映画のオープニングテーマを担当するフジファブリックが出演する。そのほかの出演者は後日発表される。


Superflyが妻夫木主演映画「スマグラー」で初の2曲提供  [影視]

Superflyが妻夫木主演映画「スマグラー」で初の2曲提供
サーチナ 7月24日(日)11時38分配信

 Superflyの新曲「愛をくらえ」が、妻夫木聡主演の映画「スマグラー おまえの未来を運べ」(10月22日公開)の主題歌に決まった。また、未発表曲もイメージソングとして起用されることが決まり、彼女自身、初めて同一映画で2つの楽曲を提供することとなった。なお「愛をくらえ」は6月にスタートしたツアーでも披露されている。

 映画「スマグラー おまえの未来を運べ」は、夢を挫折し、その日暮をしている妻夫木演じる主人公が、儲け話に乗ったつもりが“ヤバイ”運搬物を扱う運び屋「スマグラー」として働くこととなる物語。生死をさまよいながらもスマグラーとして仕事をこなし、やがて希望を見出していく。

 26歳の主人公を演じるのは妻夫木聡。両脇を固めるのは永瀬正敏、松雪泰子、満島ひかり、安藤政信などと実力派俳優陣だ。監督は石井克人氏で、誰も見たことない、爽快感溢れるアクションエンターテイメントとなっている。

 Superflyの新曲は、スタイリッシュなアクションシーン、スリル溢れる展開、そして崖っぷち人生を打破するため主人公が起こす奇跡のラストに、伸びやかな歌声が更なる爽快感と感動を与える仕上がりとなっている。

 本作の主題歌をオファーした山口雅敏プロデューサーは「映画衝撃のラスト38分と、その後に圧倒的な爽快感が待ち構えているアクション・エンターテイメント映画です。ラストの余韻にふさわしいのはSuperflyの伸びやかで力強い歌声だと思いました。そして、彼らは妻夫木聡くん演じる主人公の心情と石井監督の映画の世界観を汲み取り、書き下ろしてくれました。それが主題歌『愛をくらえ』。過去を乗り越え未来へいままさに踏み出す人たちを後押しする、時代の応援歌です」とコメントを寄せた。

 本作にインスパイアを受け書き下ろした「愛をくらえ」に感動した山口プロデューサーは、その才能にほれ込み、Superflyの未発表曲であった「I My Me Mine Mine」も本作のテーマソングとして起用したいと熱望、本作に対してSuperflyが主題歌とイメージソングの2曲提供することになった。2曲の楽曲を映画に提供するのは、Suuperfly自身も始めての取り組みである。

 Superflyは「それぞれの正義を生きて、信じる道を歩く。迫力ある演技に圧倒されました。たとえ世の中にそっぽ向かれても、笑われたとしても、ありったけの愛を歌に込めて、信じる道を歩いていきたい。そんな想いを込めて作りました。一人でも多くの方に届きますように」とコメントしている。(編集担当:武田雄樹)


日本航空「JAL嵐JET」就航へ! [ジャニーズ新聞]

日本航空「JAL嵐JET」就航へ!
サンケイスポーツ 7月24日(日)7時51分配信

 日本航空は25日から人気グループ、嵐のメンバー5人をプリントした特別機「JAL嵐JET」2機を国内線に就航させる。

 機種はボーイング777-200型機で、「ARASHI Beautiful World」の文字とともに機体後部に精悍な5人の顔が並ぶ。主に羽田と札幌伊丹福岡沖縄を結ぶ路線で運航する。

 嵐JETは昨年9月から今年1月にかけても運航。所属のジャニーズ事務所が、東日本大震災の復興のため観光需要を創出しようとする日航のコンセプトに賛同し、2度目の就航が実現した。


成宮寛貴、4年ぶり舞台でタップダンス初挑戦「これからも続けたい」 [影視]

成宮寛貴、4年ぶり舞台でタップダンス初挑戦「これからも続けたい」
オリコン 7月23日(土)18時46分配信

 俳優の成宮寛貴と鹿賀丈史が23日、東京・天王州の銀河劇場で行われる舞台『太陽に灼かれて』公開リハーサルを前に報道陣の取材に応じた。成宮は、2007年の『お気に召すまま』以来、4年ぶりとなる舞台で本格的なタップダンスに初挑戦。タップ練習用のボードを持ち歩き、けいこ場や自宅で特訓したという成宮は、「(タップダンスが)結構好きみたいで、すごく楽しい。舞台が終わっても続けたいと思います」とすっかりハマった様子で笑顔をみせた。

 同作は2009年にロンドン・ナショナルシアターで上演された舞台の日本初演作で、1930年代のスターリンの大粛清をテーマに、激動の時代に引き裂かれた男女の悲劇を描く人間ドラマ。軍の指令で無理やり外国に送り込まれ、最愛の人と11年間引き裂かれた主人公・ミーチャ(成宮)が、ロシア革命の英雄・コトフ大佐(鹿賀)とその妻・マルーシャ(水野美紀)、娘のナージャ(美山加恋)のもとに現われ、復讐劇を展開する。

 成宮は、鹿賀との初共演に「革張りのソファーでブランデーを飲んでるイメージだったんですけど、実際はものすごくチャーミングで。このタイミングで鹿賀さんと舞台で共演できてすごくよかった」と満足気。一方の鹿賀も「テレビで観ていて、いい男、面白い俳優だなと思っていた。タップダンスも熱心で上手いんです」と、フレッシュな顔合わせに胸を躍らせた。

 公演初日を控え、鹿賀は「非常に人間的で深いドラマ。堅い話かもしれませんが、皆さんに感動していただけるようにやりたい」と意気込み。成宮も「あまり動きのない話なんですが、タップダンスなどで明るくみせられたら」と抱負を語った。劇中ではダンスのほか、歌声も披露する成宮に鹿賀は「次は、ミュージカルはどうですか?」と誘ったものの、即座に「無理です!」と返し、笑いを誘った。

 舞台『太陽に灼かれて』は、7月24日(日)より東京・銀河劇場にて上演。



黒木メイサ、セクシー衣装で初の全国ツアー [影視]

黒木メイサ、セクシー衣装で初の全国ツアー
スポーツ報知 7月23日(土)8時2分配信

 女優で歌手の黒木メイサ(23)が、10月に自身初の全国ツアー「SEIKO LUKIA Presents 黒木メイサ“THE MAGAZINE SHOW”」を行うことが22日、分かった。歌手活動に強い意欲を見せていたメイサにとって、まさに夢がかなった形。「自分にしかできないパフォーマンスを追求したい」と、音楽と舞台を融合させた演出にも積極的に関わっていくつもりだ。

 「歌手・黒木メイサ」が全国に本格発進する。女優業ではドラマ映画などでおなじみだが、歌手としてツアーで生の姿を見せるのは初めて。「普段メッセージを寄せてくれるファンの方に、より多く会いに行けることが楽しみ」と今から本番が待ちきれない様子だ。

 08年から歌手活動を開始、09年にアルバム「hell cat」でメジャーデビューしたメイサだが、多忙なこともあり過去のライブは1度だけ。昨年10月に東京で行った一夜限りのライブでは、チケットが即日で完売するなどプレミア化。セクシーな衣装やダンスを取り入れる大胆な演出で、ファンから「全国に来てほしい」と熱望されていた。

 デビューからずっと「生でライブがやりたい」と言い続けてきたメイサにとって、まさに念願かなった形。選曲や演出面などにも積極的に関わっていくという。所属レコード会社の担当者によると「あるキャラクターになりきって、ストーリー性のあるようなライブになると思います」と「音楽」と「舞台」を融合した仕上がりになりそうだ。

 04年につかこうへい作、演出の「熱海殺人事件・平壌から来た女刑事」の主演でデビューしたメイサは、もともと舞台出身とあって、観客との距離感のつかみ方なども得意とする。「セットや衣装はもちろん、見せ方についても、私の意見も入れてもらい、構成していくつもり」と自信を見せている。実際、かなりきわどいセクシーな衣装も用意しているそう。「見ごたえのあるライブにするべく準備中です!! お楽しみに!!」とやる気満々だ。

 ツアーは10月3日、大阪・なんばHatchを皮切りに4日、名古屋・ダイアモンドホール、6日、東京・Zepp Tokyo、8日、福岡・イムズホールで行われる。

 ◆アニソンも初 〇…メイサにとって「初」なのはツアーだけではない。8月31日発売のシングル「Wired Life」では初のアニメソングに挑戦している。「Wired―」はTBS系アニメ「青の祓魔師(エクソシスト)」の主題歌。クールなイメージであまりアニメとは関わりのなさそうなメイサだが、「凛(りん)とした雰囲気がぴったり」と熱烈なオファーをもらい実現した。同曲がツアーで披露される可能性も十分ある。


入江甚儀が目指す俳優像 自信得た連ドラ初主演で明確に [影視]

入江甚儀が目指す俳優像 自信得た連ドラ初主演で明確に
オリコン 7月23日(土)10時0分配信

 ケータイ発ドラマ『金魚倶楽部』(23日午後11時半より放送 NHK総合)で連続ドラマ初主演を果たした若手俳優・入江甚儀(18)。同ドラマ収録を終え、ORICON STYLEインタビューに応じた入江は「1ヶ月半、みっちり主演をやって、自信につながった」と充実感をうかがわせ、「自分がどういう俳優をやりたいかはっきりした」と力を込める。俳優としてひとつの殻を破った入江は今、次のステップに向けて創作意欲に駆られている。

 「恋愛感情や友情、嫉妬だったり、いろいろなものが詰まっている。何か感じてもらえたら」。同ドラマは、無為に日々を過ごす高校3年生・ハル(入江)と、いじめられながらも忽然と立ち向かう高校1年生・こと(刈谷友衣子)のラブストーリー。入江自身も今春から高校3年生になり「リアルに感じて演じられた。普段の生活での気持ちを持ってきやすくて、納得しながらできた」と手ごたえを明かす。

 主演ともなれば、役と向き合う時間は自然と長くなり、より多くの共演者たちと交わっていく。今までの作品では「どうすればいいのかモヤモヤしたり、はっきりしてない部分が自分の中であった」と、葛藤の日々も少なくなかったと振り返る入江。ただ、その迷いはもうない。

 「凄く学ばせてもらった現場。自分の役にスッと気持ちが入ったし、周りにも意識を向けた方が自分もリラックスできるなって。自分が楽しんでやれば、魅力的に見えるのかなって気付けた。もっと周りとコミュニケーションをとったりして、自分で作品を作っていかなきゃいけないと思ったし、それがわかった気がしました。本当に収穫ですよね」。

 これからの課題が明確に見えたと入江は嬉しそうに話す。「もっと写真でも笑えるようになりたい」と、向けたカメラにも自然に振舞う18歳は、「一つひとつ、こなしていきたい」と“自分探し”に燃えているようだ。

 「大沢たかおさんとか、人の気持ちを落ち着かせるような、周りの人もいやすくさせるような人になりたい。今はまだ遠い。けど、頑張ってそこに近づいていきたいんです」。入江の挑戦は始まったばかりだ。



瀬戸朝香、名作童話12作品の朗読にチャレンジ [影視]

瀬戸朝香、名作童話12作品の朗読にチャレンジ
RBB TODAY 7月23日(土)8時15分配信

 “BeeTV”の子供向けチャンネル「BeeKIDS」は8月1日から、『よみきかせ せかいのどうわ』の配信を開始する。12作品のナレーションを女優の瀬戸朝香さんが全編担当にチャレンジしている。

 同番組はイソップアンデルセン、グリムなどの「世界の名作童話」 から選りすぐりの12作品を、新進クリエーターがアニメーションを制作、瀬戸朝香さんが絵本の朗読をしたナレーションと合わせた映像作品。8月5日に、読み聞かせCD付の絵本『瀬戸朝香よみきかせ 名作絵本 CDできく せかいのどうわ』(宝島社)の発売も決定している。

 実際に子供を持つようになってから絵本に関心があったという瀬戸朝香さんは、東日本大震災後“ユニセフのちっちゃな図書館 プロジェクト”に参加し、被災地の子供たちに届けるために絵本の寄付を呼びかけ、自らも約70冊の絵本を寄付している。作品の仕上がりについては「昔からのお話ではあるんですが、たくさんのクリエーターの方が作ったそれぞれのかわいいアニメーションや、少し現代風にアレンジされたナレーションの言い回しもあって、すごく楽しめると思います」とコメントしている。


 「よみきかせ せかいのどうわ」は毎週火曜日更新となる。



森田剛“ブラボー”NYで海外舞台デビュー [ジャニーズ新聞]

森田剛“ブラボー”NYで海外舞台デビュー
サンケイスポーツ 7月23日(土)7時51分配信

 V6の森田剛(32)が米ニューヨークのリンカーンセンターで21日(日本時間22日)、三島由紀夫原作の主演舞台「金閣寺」の公演を行い海外舞台デビューを飾った。

 現地で開催中の「リンカーンセンター・フェスティバル」(24日まで)の正式参加作品として、全4回上演される。演出の宮本亜門氏(53)とともに本番前に会見に臨んだ森田は、「やっとここまで来たな、という感じ。思い切り楽しみながらやりたい」と力強く宣言した。

 外国人の観客が多数を占めるステージで海外初舞台とは思えぬ度胸を発揮し、共演の高岡蒼甫(29)や大東俊介(25)を相手に、金閣寺に火を放つ苦悩の主人公を熱演。カーテンコールでは「ブラボー!」の喝采を浴びた。

 終演後、充実の笑顔を見せた森田は「現地には演劇通の方々や三島ファンが多く、緊張しましたが、『ブラボー!』と言ってもらえてよかったです」と海外進出の手応えをつかんでいた。

 来年1月27日から2月12日まで東京赤坂ACTシアターで凱旋公演を行う。


佐藤健と共演のチャンス! 実写版『るろうに剣心』がエキストラ出演者を募集中 [影視]

佐藤健と共演のチャンス! 実写版『るろうに剣心』がエキストラ出演者を募集中
デビュー 7月6日(水)19時59分配信

 俳優・佐藤健主演で和月伸宏の人気マンガ『るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚―』が実写映画化されるにあたり、ボランティアエキストラを一般公募している。今年7月下旬から10月末まで関西中国四国地方で撮影が行われる予定で、年齢・性別不問で映画作りに参加したい人を募集中だ。

 主人公・緋村剣心を演じる佐藤健は「原作のファンの方の思いを胸に、心して挑みます」と作品に対する意欲をみせ、精いっぱい作品と向き合う姿勢だ。監督はNHK大河ドラマ『龍馬伝』『ハゲタカ』を手掛けた大友啓史。ワーナー・ブラザース映画の製作で公開は2012年を予定している。

 ボランティアエキストラとして参加したい人は、月刊デ☆ビューのWEBサイト「WEBデ☆ビュー」、公式携帯サイト「デビューしようよ」に掲載されている応募要項をチェックしよう。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。